ロリータ ウラジミル・ナボコフ -Present for You ! /P4U blog FF11・MHP攻略 ロリータ ウラジミル・ナボコフ - スポンサー広告小説・文庫本
スポンサーサイトロリータ ウラジミル・ナボコフ
Present for You ! /P4U blog FF11・MHP攻略
最新オンラインゲーム情報やFF11・MHシリーズ・MMO攻略等情報サイトです☆

~ P4U おしながき ~

■■■TOPページ■■■
■ ファイナルファンタジーXI(FF11)メニュー  ■ モンハンメニュー(MHF/MHP2G)
■ モンハン4攻略サイト(MH4/3DS)
■ えふえふいちご(FF15)攻略まとめサイト


FinalFantsyXI新着ニュース【FF11】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロリータ ウラジミル・ナボコフ

ロリータ
ウラジーミル ナボコフ (2006/10)
新潮社

本国で発売禁止の物議をかもしだし、ロリコンという新語まで生んだヴラジミル・ナボコフの問題作。
主人公の英語教師は少年の頃愛し合った、今は亡き少女の面影が忘れられず、中年になった今でも9歳から14歳頃までの少女にしか興味が持てなかった。英語教師になったのも生徒の少女を思う存分眺めていられたからだ。そんな時男はロリータという少女と出会う。細い足、細い腕、幼い顔、ロリータは彼に昔愛し合った少女の生まれ変わりだと錯覚させた。ロリータとその家族にうまく取り入った彼は彼女の母親と結婚するが母親はまもなく事故死してしまう。そして、ロリータに母親が死んだことを隠し、2人だけで旅をしながら生活し始めるのだ。
「ロリータ、我が命のともしび、我が肉の炎、我が罪、我が魂」そういって幼い少女だけを愛する男だが、その行動は自分勝手と思わざるをえない。ロリータとの目的地のない旅はいつまで続くのか?映画版も原作に忠実に作られているので楽しめるだろう。

ロリータ ロリータ
ウラジーミル ナボコフ (2006/10)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 Present for You ! /P4U blog FF11・MHP攻略. all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。